対照的なニュース

ゴールデンウィークのハザマの平日。


今日は段取りに追われて、日誌でご報告する事が・・。


そんなわけで、滅多に触れないニュースネタで。




今日耳にした、二つの対照的なニュース。


「天皇皇后両陛下、岩手県を訪れ被災者をお見舞い・・」


先週は宮城県を訪問、来週は福島県を訪問されるそうで、
避難所で被災者一人一人に声を掛けられる姿は
心を打たれます。

なぜ心を打たれるかと言うと、両陛下だからこそなし得る事を
自覚なさり、精一杯の気遣いを持って取り組まれている姿が
伝わって来るから・・。


色んな立場で「自分に出来る事は・・」と
被災地を応援したいと思っている人のお手本に
なるんじゃないかと思う。




対照的に見えたニュース。

「小沢氏、政府の原発対応を批判・・」


『語るに落ちる』とは正にこの事。


この人は「満を持して」批判を口にしたらしいが、
世の中の人が「自分に出来る事」を精一杯考えて
やりたいけどやれないでヤキモキしている人すら
大勢いるというのに、政治家たる、しかも「大物」
呼ばわりされているこの人が、政治家として口を
開いたらそれが政権批判とは・・。


「アホか・・」


原発の対応を批判する前に、国家の一大事に
沈黙を決め込まず、考えがあるなら出せよ!


「何のために批判してるの?」


本当に国を、被災者を憂いての事なら、
しかも、今の状況を打破出来る策を持っているのなら
政局を絡めないで、第一儀を考えなさいよ。



天皇皇后両陛下の行動と比べて、あまりにも対照的・・
というか、比べるのも悪いくらいの
腹立つ代官面のおっさんのニュースでした。




もう政治がらみのネタは
やめよう・・。



福田 聡

住んでいる所②

『長垂山』という、
どちらかと言えば「丘」に近い高さの
山がすぐ側にあります。


CIMG2636.JPG

6.JPG

以前はちょっとした登山コースもあったようで
その入口には公園があります。



__.JPG

この長垂山には、『ペグマタイト岩脈』と呼ばれる
珍しい鉱脈があり、国指定の文化財になっています。

しかし、戦争中に日本軍によってほぼ掘り尽くされて
いるようで、以前、静かな昼下がりに、家が震える
位の「ドスン!」という何かが落ちるような
大きな音を地響きと共に聞いた事があり、
どうやらそれは、坑道内で落盤している音であると
知り、少し怖く思った事があります。



1.JPG

4.JPG

そんな長垂山からは
博多湾、今津湾が一望でき、登ってみると
小さい山ながら、お寺の分院(無人)あり、観音様ありの
興味をそそられる事が満載で、
いつか詳しく探検しようと思っています。




CIMG2662.JPG

そんな自然の中に建つ小宅は
今年も見頃の藤の花と、
目に鮮やかな新緑に囲まれました。



心地良い季節の訪れです。


ついでにムカデも訪れます。



福田 聡

住んでいる所

ゴールデンウィークの朝・・。


CIMG2605.JPG

時々この日誌に登場する夜明けの風景です。

2~3日前からひどく福岡の空気を濁らせている
『黄砂』の影響でしょうか・・
出たばかりの太陽が、霞の向こうにハッキリと
その輪郭を現しています。



CIMG2632.JPG

CIMG2633.JPG

能古島や玄海島が望めるこの『生の松原』の海岸には
日本史でも有名なあの『元寇防塁』の跡が
残っています。



CIMG2628.JPG

CIMG2629.JPG

箱崎辺りから今津に至る博多の海岸線に、
1274年の「文永の役」、1281年の「弘安の役」に襲来した
元寇(蒙古)の馬を上陸させないがために築かれた
石積みの『塁』は、石垣としてのその姿は既に分かりませんが
所々、砂に埋もれた石が名残を残しているようです。



CIMG2622.JPG

以前はもっとキチンと保護されていたのでしょうか・・


CIMG2625.JPG

CIMG2626.JPG

柵で囲われた中に、大きな石がゴロゴロと
あちらこちらに顔を出しています。




CIMG2607.JPG

CIMG2608.JPG

その浜辺に、波が強い時は
こういう焼き物の破片が打ち上がります。



CIMG2614.JPG

海に沈んだガラスの破片が、長い間波で砂にもまれる内に
尖った角が取れ、柔らく綺麗な姿になった物を
『シーグラス』と呼んでいます。



CIMG2609.JPG

CIMG2610.JPG

そしたらこれらは、さしずめ『シーセラミック』でしょうか。

この欠片を見つけて、以前読んだ読み物の件を思い出しました。

襲来した元寇には、所帯の用意をして来ていた兵士やその家族も
乗船していたようで、転覆した博多湾や今津湾には
その時積んでいた茶碗など、所帯用具も多数沈んでいると・・。


「こ、これは・・!」


「間違いなく蒙古の皆さんの茶碗だ!!」



CIMG2611.JPG

そう考えて拾い出すと、これなんかそんな雰囲気です。


CIMG2615.JPG

これなんか、確実にモンゴル人の絵です。




CIMG2616.JPG

あれッ?
アルファベット?



CIMG2617.JPG

病院?


“元”の病院関係者も来ていたのかな・・?。




どうやら妄想だったようです。




なかなか、夢と浪漫に満ちた
近所の海岸です。



福田 聡
Calendar
<< February 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728
search this site.
tags
archives
link

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276 | 277 | 278 | 279 | 280 | 281 | 282 | 283 | 284 | 285 | 286 | 287 | 288 | 289 | 290 | 291 | 292 | 293 | 294 | 295 | 296 | 297 | 298 | 299 | 300 | 301 | 302 | 303 | 304 | 305 | 306 | 307 | 308 | 309 | 310 | 311 | 312 | 313 | 314 | 315 | 316 | 317 | 318 | 319 | 320 | 321 | 322 | 323 | 324 | 325 | 326 | 327 | 328 | 329 | 330 | 331 | 332 | 333 | 334 | 335 | 336 | 337 | 338 | 339 | 340 | 341 | 342 | 343 | 344 | 345 | 346 | 347 | 348 | 349 | 350 | 351 | 352 | 353 | 354 | 355 | 356 | 357 | 358 | 359 | 360 | 361 | 362 | 363 | 364 | 365 | 366 | 367 | 368 | 369 | 370 | 371 | 372 | 373