ガーデン水栓を増やそう!

「ここに可愛い感じの・・」

とても分かり易いご要望を頂いて
ガーデン水栓増設工事が始まりました。


R0010792.JPG

幸い、道路に向かって真下に這っている
水道管があった事と、排水もすぐ近くに
管があった事で、大きく掘り返したりの
作業が無く、とてもスムーズに進みました。



R0010793.JPG

焼いて黒く着色した木材を、カランの受けに
使います。

洗い場の目的ではないので、少し小さめに
作ります。レンガ造りの背面では少々ゴツク
なるので、雰囲気が優しい『木』にしました。

カランは真鍮製のカエル。
10年前の新築当初買って持ってらっしゃた物です。
ついに日の目を浴びる時が来ました。



R0010795.JPG

R0010797.JPG

R0010798.JPG

木材にも水道の配管を施し、防腐剤をたっぷり
染みこませてから埋め込みます。

恐らく10年で木が駄目になるでしょう。
その時はレンガの背面で復旧です。


R0010802.JPG

R0010803.JPG

排水金具の準備が整ったら
レンガで囲う下準備です。


R0010804.JPG

R0010805.JPG

玄関のアプローチ脇に・・
いい感じです。



R0010806.JPG

R0010807.JPG

排水の土間を打って、完成です。

ありがちかも知れませんが
可愛く出来ました。


立冬の頃に起こされたカエルは
ずっと外に立ち尽くす事に
なるのでしょう・・。


ごめんね。


福田 聡

勝手口ドアの取り替え

上手に使いこなせれば、工業化製品と違って
とても質感があり、格好いいドアです。


DSCN9209.JPG

DSCN9205.JPG

木製の勝手口ドア・・。

残念ながら、木製のドアを使用するには
庇のかぶりが浅過ぎるようです。

経験から言うと、木製ドアを外部建具として
使うときは、多少の横雨でも濡れず、直射日光に
当たらない位の深い“かぶり”が絶対に必要です。



DSCN9208.JPG

外側は既に補修の跡がありますが、組んだ木の
隙間から入った雨水が、ドアの外側はおろか
内側まで腐らせています。



R0010744.JPG

取り替えましょう。

新しいドアはファイバー製で、ウレタンの断熱材を
サンドイッチしてある、ガラスもペアガラスの
断熱ドアです。

予め倉庫で塗装して搬入しました。


R0010752.JPG

R0010755.JPG

元のドアより少し背丈が小さいので、枠の方で
調整します。


R0010764.JPG

R0010763.JPG

新しいドアを釣り込みました。


R0010767.JPG

R0010768.JPG

R0010769.JPG

R0010770.JPG

元から着いていたドアノブと鍵はそのまま使うので
枠側のラッチ受けに合わせてドアを加工します。



R0010779.JPG

R0010781.JPG

完成です。


ひと頃、輸入住宅がブームになった時に
窓やドア、ウッドフロアーなど、特徴的な
輸入部材が多用されました。

しかし、長い経験の中で培って来た使い方が
なされていない事も多々有り、ひとくくりで
「輸入品だから駄目だ・・」という言われ方を
するケースもあります。


大変残念な事です。


使い方、手入れの仕方の誤りから
せっかくの素材感やデザインを否定し
“メンテフリー至上主義”的な住宅作りの
発想になってしまうのは、あまり豊かな事とは
言えないよな・・などと考えてしまいます。


福田 聡

窓の取り替え

「ごそっ」と取り替えです。


R0010669.JPG

DSCN9201.JPG

度々修繕している木製の『ケースメント』サッシの
修繕依頼がありました。


DSCN9222.JPG

DSCN9198.JPG

状態はかなり悪く、外側にあたるアルミクラッドも
落ちてしまっているような状況です。

この場合、いつもやっている木枠の交換だけでは
修繕が出来ませんので、障子を交換する事を
検討しました。

しかし調べてみると、残念ながらこのサッシの
メーカーは現存する会社ではなく、アメリカでは
よくある“合併吸収”されている事が分かりました。

その吸収した会社で製作する事まで考えましたが
コストが現実的でなく、断念しました。
残った方法は、枠まで含めた窓本体ごとの交換。

防水に関してリスクを伴いますが、それは処理上の
問題なので、万全を期すつもりで交換に踏み切り
ました。



R0010687.JPG

R0010704.JPG

内外ともに、化粧の額縁を外します。


R0010692.JPG

外側は、外装材がかぶっている窓のフィンを露出
させないと外す事が出来ません。

フィンの上にかぶるサイディングをフィンの幅分
切り取ります。


R0010712.JPG

フィンを固定しているビスを外していけば
窓本体が意外と簡単に外れます。


R0010673.JPG

R0010677.JPG

入れ替える窓は国内で手配できる樹脂製の
サッシにしました。

既存の窓を外した後にきれいに収める寸法で
製作したものです。


R0010714.JPG

R0010719.JPG

窓台に防水シートを施し、新しい窓を収めます。


R0010721.JPG

R0010723.JPG

R0010725.JPG

フィンの廻りをブチル系の防水テープでガチガチに
固めてます。仮に水が浸入したとしても大丈夫。


R0010726.JPG

R0010730.JPG

R0010733.JPG

外していた額縁の下にも十分なコーキングを施し
改めて取り付けた上からも最初の防波堤になる
コーキングを念入りに打ちます。


R0010735.JPG

仕上がりました。

2重に施したコーキングの内側にブチルテープで
固めた窓が収まっています。

枠ごと外したリスクは「これでもか」という位の
施しをしておかないと、夢に出て来る事になります。



R0010749.JPG

R0010751.JPG

R0010772.JPG

部屋内側の枠と額縁も綺麗に収まり
工事完了。

久しぶりに開閉できる窓になりました。



同じお家でぼろぼろになった勝手口も
交換しました。


それはまた明日・・。


福田 聡
Calendar
<< July 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
search this site.
tags
archives
link

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276 | 277 | 278 | 279 | 280 | 281 | 282 | 283 | 284 | 285 | 286 | 287 | 288 | 289 | 290 | 291 | 292 | 293 | 294 | 295 | 296 | 297 | 298 | 299 | 300 | 301 | 302 | 303 | 304 | 305 | 306 | 307 | 308 | 309 | 310 | 311 | 312 | 313 | 314 | 315 | 316 | 317 | 318 | 319 | 320 | 321 | 322 | 323 | 324 | 325 | 326 | 327 | 328 | 329 | 330 | 331 | 332 | 333 | 334 | 335 | 336 | 337 | 338 | 339 | 340 | 341 | 342 | 343 | 344 | 345 | 346 | 347 | 348 | 349 | 350 | 351 | 352 | 353 | 354 | 355 | 356 | 357 | 358 | 359 | 360 | 361 | 362 | 363 | 364 | 365 | 366 | 367 | 368 | 369 | 370 | 371 | 372 | 373