『輸入住宅を諦めない』

新年明けて1月3日に、新聞広告を出しました。


輸入住宅を諦めない広告.jpg

一般紙面のモノクロ版という事で、
反響はどうかと思っておりましたが、
直接のお問い合わせ、こちらのHPへのアクセス、
そこそこのご反応を頂きました。


そんな中でひとつ、
「なるほど」と“反省”させられたお問い合わせが
あったので、弁明を兼ねてお知らせ致します。


そのお問い合わせは、まだ今年の仕事を始めていなかった
1月4日の朝、留守番電話に頂いていました。

内容を掻い摘んで書くと・・

「輸入住宅が好きで、建築を考えているのだが、
 輸入住宅は“諦めない”と考えなければならない程
 不具合が多い住宅なのですか・・」。

そういう主旨の伝言です。



残念ながら、連絡先が残されていなかったため
この方とお話しする事が出来ていませんが、
前述したように『反省』させられるお言葉です。



その伝言を聴いてからあらためて広告を見ると、

『諦めない』

『トラブル』

『腐食』

 ・・

書いてある言葉の、なんてネガティブな事でしょう。


輸入住宅に夢を持って検討されている方に、
『輸入住宅』が良く映るはずがありませんね。





この場を借りて、広告のフォローをいたします。


輸入住宅は、決して『諦めない』と言わなければ
ならないような低レベルの住宅ではありません。

輸入住宅だから『トラブル』が
多いわけではありません。

輸入住宅だから『腐食』が多いわけでもありません。




『後々の面倒が上手く見られていない「輸入住宅」が多い』。



つまりは、そういう事です。




欧米的なライフスタイルを実現できた輸入住宅。

見て美しい事が大切だと教えてくれた輸入住宅。

耐久性、断熱性、気密性・・
様々なテーマを日本の住環境に教えてくれた輸入住宅。

性能に裏付けられた空間構成を可能にした輸入住宅。


輸入住宅が日本の住宅産業界に与えた影響は
計り知れないですし、
そのノウハウを歴史として携えているのも
やはり輸入住宅です。


そんな輸入住宅は、しっかりした輸入住宅会社が
キチンと建築していますし、
フォローの体制も整えているはずです。





留守電に伝言を頂いた方・・

是非、そのまま輸入住宅を検討して下さい。

そして、輸入住宅が大好きな人達が建てている
住宅会社を選択して下さい。



福田 聡

床の貼り替え と 目隠しつい立

昨年末に施工してご紹介していなかった
工事を2件、ご紹介します。



CIMG3135.JPG

大理石貼りの『ヌック』。

ヌックとは、大きな部屋の中にある
意識的に区切られた小さな空間の事です。

そのヌックの床を、大きな空間と続きの
ウッドフロアーに替えて欲しいという
ご要望を頂きました。

理由は色々ありますが、
よく利用されている『ヌック』のようで、
そういう意味で言うと
大理石は少々ハード過ぎるのかもしれません。




R0015789.JPG

すみません。
途中経過無しの、いきなり完成後写真です。


白い大理石(ビヤンコカララ)も綺麗ではあるのですが、
木の風合い満載のこちらのお宅では、
ウッドフロアーの方がしっくり来ているように
感じます。

ちなみに、このウッドフロアーは
大きな部屋からのつながりを意識して、
あえて同じメーカーの同じ樹種の品物を
アメリカから取り寄せました。
(2011.10.29掲載)

やはり木の目が10年前の当時の品と同じで、
手を掛けて取り寄せて良かったと思います。






もうひとつ。

打って変わって日本のお家の話し。


R0015392.JPG

R0015394.JPG

ちょこちょこ手を入れさせて頂いている
輸入住宅にお住まいの方のご両親宅です。

玄関脇に立っている、竹で作られた目隠しつい立が
少しばかり傷んで来ました。

見栄えも古びてきたので
取り替えのご要望です。



IMG_0269.jpg

格子を入れたり横板にしたり、
色々とデザインを考えてみましたが
結論は「シンプルに・・」。

縦板を交互に重ねる、よくあるデザインです。



IMG_0270.jpg

IMG_0268.jpg

正面から見ると単調に見えますが、
通り過ぎながら見ると、隙間を通して漏れて来る光が
単調な感じを和らげてくれます。


竹のつい立もそこそこ長持ちしたようですが、
エコアコールで作った今度のつい立は
もっと長持ちしますよ。



12月の忘れネタでした。



福田 聡

ガレージドアのメンテナンス

大変な事態になる前に、予めのご依頼でした


R0016002.JPG

よくあるタイプのガレージドアです。

幅が5m近くある比較的大きなタイプで、
上げ下ろしする時には、色んな箇所にストレスが
掛かり易いのも事実です。



R0015997.JPG

R0016000.JPG

今回、巻き上げのモーターの力が一番掛かる
接続部分がその受け金物ごと外れかかっており、
確かに上げ下ろしすると、今にも「バリッ」と
剥がれてしまいそうで不安な状態です。



R0016004.JPG

取った方法は“補強”・・
というよりも“新たな受け金具の取り付け”
と言った方がしっくりくるかもしれません。



R0016008.JPG

R0016009.JPG

ドアパネルの表と裏から挟み込む形で取り付けた
プレートに、アーム用の金具を
ボルトナットで固定します。




R0016013.JPG

強力なスプリングで吊り上げているとは言え、
どうしても一点加重になるので
この取り付け部分の強化は、長年使う事を
考えると、やっておいた方がいいでしょう。




R0016015.JPG

R0016014.JPG

パネルとパネルをつなぐヒンジのビスが緩んで
効かなくなる場合もよくあります。



R0016018.JPG

R0016016.JPG

やはりプレートで補強して固定です。



その他、モーターに付いている照明のスイッチの
設定をし直して、ほぼ半日のメンテナンスが
終了しました。



福田 聡
Calendar
<< October 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
search this site.
tags
archives
link

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276 | 277 | 278 | 279 | 280 | 281 | 282 | 283 | 284 | 285 | 286 | 287 | 288 | 289 | 290 | 291 | 292 | 293 | 294 | 295 | 296 | 297 | 298 | 299 | 300 | 301 | 302 | 303 | 304 | 305 | 306 | 307 | 308 | 309 | 310 | 311 | 312 | 313 | 314 | 315 | 316 | 317 | 318 | 319 | 320 | 321 | 322 | 323 | 324 | 325 | 326 | 327 | 328 | 329 | 330 | 331 | 332 | 333 | 334 | 335 | 336 | 337 | 338 | 339 | 340 | 341 | 342 | 343 | 344 | 345 | 346 | 347 | 348 | 349 | 350 | 351 | 352 | 353 | 354 | 355 | 356 | 357 | 358 | 359 | 360 | 361 | 362 | 363 | 364 | 365 | 366 | 367 | 368 | 369 | 370 | 371 | 372 | 373 | 374