メンテあれこれ

気になっていた細かい事を
片付けましょう。



CIMG2856.JPG

輸入の自然石タイルです。


CIMG2845.JPG

いわゆる『スレート』で、「玄昌石」という石を
スライスして作ったタイルですが、薄い層が何層にも
重なって出来ている石なので、時間がて経つと
その「層」がめくれる現象が起きて来ます。


CIMG2852.JPG

“無垢”と言えばそうなのですが、層の間に水が入ると
どうしても剥がれやすくなります。


大きく剥がれてしまっている箇所は貼り替えです。
その後、よく洗って、石用のワックスを塗って
水染みを押さえて、併せて剥がれを防止した方が
いいでしょう。




CIMG2858.JPG

CIMG2859.JPG

「こどもクリニック」を営まれるこちらの建物は、
石や木といった、自然素材をたくさん使って
駐車場周りや、アプローチ周りを構成しています。

そのおかげもあってか、訪ねるといつも患者さんで
いっぱい。

ただ、自然素材はそれなりにメンテナンスが必要で
この木製のフェンスも各所痛みが出ています。





CIMG2861.JPG

ちょっと不思議な状況。
何だか、外壁が蚊に刺されたようになっています。

痒そうです。


CIMG2865.JPG

どうやら、塗り替えた際の塗料が浮いているようで
接着する方法を取った方が良さそうです。





CIMG2842.JPG

これも貼り替えましょう。



CIMG2849.JPG

網も貼り替えです。




ひとつひとつは大した事ないですが
これらの事がまとまって見えると、
結構“行き届いてなく”見えるものです。


雰囲気の良さも、人を呼び込んでいる要素であるなら
まとめて綺麗にしておきたいですね。



福田 聡

『MEDECO(メディコ)』 交換シリンダー

理論鍵違い数『130億通り』。


CIMG2831.JPG

CIMG2832.JPG

CIMG2836.JPG

ピッキング(針金などで鍵を開ける)やドリリング(ドリルで
鍵穴を壊す)、インプレッション(鍵穴を覗いてキーを作る)などの
不正解錠行為を防ぐ、頼もしい鍵です。




CIMG2833.JPG

__.JPG

輸入住宅で広く使われている、このタイプの鍵の
シリンダーと交換する事が出来、交換の作業も
5分~10分あれば可能なので、ごく手軽に
ドアの防犯性を高める事が出来ます。


CIMG2834.JPG

CIMG2838.JPG

“Key”は、標準で5本付いて来ますが、要望で
増やす事が出来、また、複数箇所にこの鍵を取付け、
同一キーで開閉するようにも出来ます。

後日キーを増やす時は、シリアルナンバーが打ってある
このカードが必要で、メディコの代理店でしか
作る事は出来ません。



綺麗な輸入のドアには、国産のディンプルキーを
別物で取り付けるのは似合いません。

とても簡単に替えられるので、
おひとつ如何でしょう・・。



・・と言うのも、
実は、鍵を無くされたお宅のために取寄せた
この二つのシリンダー

納品後に「鍵がありました・・(恐縮されながら)」との
連絡があり、在庫品となってしまいました。




今なら、ご要望に
ウルトラ特急で応えられます。



福田 聡

『KOHLER社』 の 水栓金具

新築後6年目にしては
劣化の程度がひどいのが気になります。



CIMG2801.JPG

CIMG2803.JPG

CIMG2815.JPG

『コーラー社』のフォーセットを
3台まとめて修繕です。

上ふたつは、ヴァニティーフォーセット。
洗面所用の、種類が違う二つの水栓金具の両方とも
水側のレバー近辺から水が漏れて来ます。

3つ目のキッチンフォーセットは、本来なら右左と
首を振るところですが、どういうわけか
ピクリとも動きません。



CIMG2790.JPG

CIMG2791.JPG

洗面所の二つは、他のメーカーでもよくありますが
内蔵のバルブを交換する事で直るでしょう。



CIMG2793.JPG

CIMG2796.JPG

今回は、修理にあたって『KOHLER社』の正規代理店の方に
出向いて頂きました。

ちょこちょこ部品の供給でもお世話になっています。



CIMG2797.JPG

ちょっと気になるのが、6年目にしては少し古びた感じに
見え過ぎる「劣化」の色と、緑青の生え方。



CIMG2805.JPG

CIMG2810.JPG

こちらは、もう一方のヴァニティーフォーセット。
やはり緑青の生え方が、少々激しいです。


CIMG2812.JPG

CIMG2814.JPG

バルブを交換して、元の美しい姿に戻りました。





CIMG2817.JPG

問題だったのは、キッチンフォーセット。

普通なら手順通りに分解していけば、そう難しくなく
外れて行くパーツが、いっこうに外れません。


CIMG2819.JPG

どうしても外れません。


CIMG2820.JPG

外れるはずなのに外れない箇所を、壊す事にしました。


CIMG2823.JPG

もちろん、交換のパーツがある上での判断です。

さすが、専門の業者さんです。



CIMG2826.JPG

CIMG2827.JPG

分解の後、本来回るべき箇所が完全に固まっているので
潤滑油を注したり、軽く叩いてみたり、色んな事を
やってみるも、全く手応えがありません。


CIMG2828.JPG

少し無理をしてしまい、持ち合わせのないパーツを
破損する結果となりました。



CIMG2830.JPG

これまた「流石」・・

「こんな事もあろうかと思って」と用意して来ていた
仮設用の水栓を取り付けて、
修理品は持ち帰る事にしました。



結局、1つの修理は持ち越す事になってしまいましたが
3つに共通しているのは、年数の割りに劣化に伴う
不具合の程度がひどい事・・。

業者さんの話しによると、作られた年によって
品物の質が違う事もあるので、同じ時期に仕入れて
いるから、同じ現象が起こる・・とも考えられるそう・・。



一方で、水の質に対しての反応も考えられます。

生活上は全く問題なくても、
何らか繊細な化学反応が起こっているとも
考えられます。




本当の理由を探るには
ちょっと厄介な事象かも知れません。



福田 聡
Calendar
<< October 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
search this site.
tags
archives
link

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276 | 277 | 278 | 279 | 280 | 281 | 282 | 283 | 284 | 285 | 286 | 287 | 288 | 289 | 290 | 291 | 292 | 293 | 294 | 295 | 296 | 297 | 298 | 299 | 300 | 301 | 302 | 303 | 304 | 305 | 306 | 307 | 308 | 309 | 310 | 311 | 312 | 313 | 314 | 315 | 316 | 317 | 318 | 319 | 320 | 321 | 322 | 323 | 324 | 325 | 326 | 327 | 328 | 329 | 330 | 331 | 332 | 333 | 334 | 335 | 336 | 337 | 338 | 339 | 340 | 341 | 342 | 343 | 344 | 345 | 346 | 347 | 348 | 349 | 350 | 351 | 352 | 353 | 354 | 355 | 356 | 357 | 358 | 359 | 360 | 361 | 362 | 363 | 364 | 365 | 366 | 367 | 368 | 369 | 370 | 371 | 372 | 373 | 374