製作ドア

「ドアで区切られた空間が少なくなった」

これは、断熱性、保温性の高い北米型輸入住宅がもたらした、
日本の住文化への大きな功績だと思います。

夏の暑さを凌ぐ事に重きをおいて作られた従来の日本住宅は、
開放して自然に溶け込み、風鈴やうちわなど、『涼』の取り方
に風流さを見出し、楽しもうとさえしてきました。

ただ、それだけに「冬の寒さ」は尋常ではありません。

寒さを凌ぐために、自ずと小さな空間で暖を取る事を考えます。


日本的な間取りには、その文化の流れが息づいているのです。


寒い地域で培われた住文化には、『家ごと暖める』という思想
が息づいています。

それは、玄関ホールや廊下も分ける事無く、楽しむための
空間に取り入れる事が出来るという事。

段々、個室の入口以外のドアが無くなっていきます。


でも・・

今回は、その付けていなかった所に『ドア』を付けます。
色々な事情はありますが、それはさて置き、今ある開口に
対してドアを付けますので、製作物になります。

昔は建具職人だった、うちの大工さんの登場です。

材料寝た状態.JPG

材料横から.JPG
通りの良い、ドアに適している材料を選定しました。

仕上がりのイメージ.JPG
仕上がりのイメージはこんな感じなので、節があるのは厭いません。

矢野さん加工中.JPG
ミリ単位で切ったり削ったり・・。
残念ながら十分な機械が無いので、全て手作業です。

こんな感じ.JPG
少々凝った事を考えている“親子ドア”です。
アールの加工も大変です。


前置きでつらつらと書き綴った事と全く反対の仕事ですが、
付けていない所にドアを付けたいご事情も、結構耳にします。


それもひとつの現実かも・・。


福田 聡

『点検』~山口編~

昨日の事ですが、山口市のあるお宅から『点検』のご要望があり、
行って来ました。

何点か不具合や劣化の箇所があり、簡単に直る所は直しましたが、
部品の交換が必要だったり、工事が必要な箇所はお見積りを
提出します。

ミルガード全体.JPG

ミルガードアップ.JPG
「ミルガード社」サッシの、ペアガラスのスペーサーに錆が発生しています。
浴室の窓に使われているため、常に湯気による水滴にさらされており、
密封されているはずのペアガラス内部にも水が入ってしまいました。
こうなったら、スペーサーを含んだガラス部分を交換するしかありません。

ミルガードハンドル.JPG
同じ「ミルガード社」の“ケースメント”のハンドルです。
使用頻度が高い箇所は、オペレーター内部のギヤが磨耗して、
引き込み時に空回りする現象が出てきます。
残念ながら、これもオペレーター交換です。

キャビネット膨れ.JPG

キャビ膨れ2.JPG
ペイントグレードのヴァニティーキャビネットです。
一部膨れて塗装が剥がれた箇所が見えます。
干割れしたように入ったヒビから水が浸入し、下地のMDF材が膨張する事で、
なお一層塗料が剥がれて行く、という悪循環です。
膨れた箇所にペーパーを掛け、パテで馴らして塗装で仕上てみようと思います。

石のアク.JPG
外の自然石タイルから“アク”が出ています。
“アク”は、石などが持つ成分が水に反応して出て来ていますので、
そこに水が入る隙間がある事が根本的な原因です。
石を貼り替えて、隙間を無くす事が必要です。

サイディング汚れ.JPG
立地上、裏側(北側)がかなり木の胞子で汚れています。
大方、洗浄で取れると思います。

アマガエル.JPG
そんな環境は、カエル君も居心地が良さそうです。

てんとう虫.JPG
特に意味は無いですが、てんとう君もいました。


不具合を修繕するのと同時に、
長持ちのためのメンテナンスをお奨めします。


福田 聡

「シティーマラソン福岡2009」 と 「台風接近中!」

吉原君が一昨日の日曜日に、「シティーマラソン福岡2009」 に
出場しました。

F1020011.JPG

ハーフマラソン(約21km)への出場で、堂々の完走を果たしました。

F1020001.JPG

最高の天気に恵まれ、長い彼との付き合いの中で、
初めて日焼けした事が分かる顔を見ました。


ところで・・

九州では、今年初めて台風が近付いて来ています。

気象庁 台風情報

今年の上陸はないだろう・・と言われていた矢先の
立て続けの発生です。

22:00現在の予想では、どうやら九州の南東沖を
弧を描くように四国沖方面に進むようで、福岡には
明日の夕方頃から明後日の午前中頃までの影響が
考えられそうです。

進路予想から言うと、福岡より南側の地域になれば
なるほど、影響が心配されます。

防災の準備、安全の確保を怠りないようお気を付け
下さい。


もうひと昔前の事になりますが、私がアメリカ型の
輸入住宅に出会った頃、ちょうど『台風19号』と
いう、猛烈な台風がやって来ました。
19年前の事です。

昼間から暴風雨が吹きすさび、木々は大揺れ、色んな
物が飛び交う猛烈な台風でした。

私はたまたまその風景を、入社したばかりの輸入住宅
会社(F社)のモデルホームの中で見ていました。


「この家は凄い」と思ったのは、その風景を窓越しに
見ながら、ソファーに座って静かに流れるBGMに
耳を傾けていた時です。

私が実家で味わって来た、台風時の一戸建ての状況
とはかけ離れたもので、『安心』の一言に尽きたの
です。

風の音すらも聞こえませんでした。(・・と感じました)


住宅の価値は「住む人がいかに安心して身を置けるか」
の違いで大きく変わります。


そういった価値の高い住宅に住みたいものです。


福田 聡

Calendar
<< February 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728
search this site.
tags
archives
link

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276 | 277 | 278 | 279 | 280 | 281 | 282 | 283 | 284 | 285 | 286 | 287 | 288 | 289 | 290 | 291 | 292 | 293 | 294 | 295 | 296 | 297 | 298 | 299 | 300 | 301 | 302 | 303 | 304 | 305 | 306 | 307 | 308 | 309 | 310 | 311 | 312 | 313 | 314 | 315 | 316 | 317 | 318 | 319 | 320 | 321 | 322 | 323 | 324 | 325 | 326 | 327 | 328 | 329 | 330 | 331 | 332 | 333 | 334 | 335 | 336 | 337 | 338 | 339 | 340 | 341 | 342 | 343 | 344 | 345 | 346 | 347 | 348 | 349 | 350 | 351 | 352 | 353 | 354 | 355 | 356 | 357 | 358 | 359 | 360 | 361 | 362 | 363 | 364 | 365 | 366 | 367 | 368 | 369 | 370 | 371 | 372 | 373