『プロメテウスの罠』 転載

朝日新聞の3ページに
毎日『プロメテウスの罠』というドキュメント文が
時折衝撃的な記事を掲載します。


福島原発事故を様々な視点から検証した
ルポルタージュです。


今日は「遅れた警報」シリーズの14回目。

『10日間は生きていた』という題名。


あまりにも衝撃的だったので
そのまま転載します。



以下記事より。


 大震災から1週間後の昨年3月18日、
福島市の石田賢次(45)はいらいらしていた。

 父(75)と母(72)は、原発から4キロの双葉町に2人で住む。
駆けつけようにも震災翌日の早朝から原発10キロ圏内に
避難指示が出ていて入れない。地震後、ずっと連絡が
とれない状態が続いているのだ。

 避難所10ヶ所近くに問い合わせてみたがいない。
地元のラジオ局で呼びかけてもらったが反応はない。
 俺が助けに行くのを待っているに違いない。
「人の命にかかわる」といえば入れるのではないか。

 だが、周囲からは「小さい子どもがいるのに、お前に
何かあったらどうするんだ」と止められた。

 父、次雄は建具職人。シルバー人材センターで障子紙張りに
定評があった。職人気質で無口。酒好きで酒が入ると陽気になる。

 母のアイ子は近所づきあいが好き。自宅の畑でカボチャや
トウモロコシを作っており、近所の人に配ったりしていた

 翌年は金婚式だ。孫も集まって盛大にやろうと姉たちと
話していた。どこかに泊まるのもいいな、と。

 自衛隊に頼もう。じりじりと休日明けを待ち、22日に
役場に電話した。「うちの親を見に行ってもらえるよう、
自衛隊に頼んでもらえないでしょうか」

翌23日、役場から電話があった。
「2人の遺体がありました」

 自宅は津波に襲われていた。現場は津波でぬかるみ、
橋が落ちてすぐには収容できないという。

4月4日夜、双葉署から「遺体を収容しました。確認して
引き取っていただけますか」と電話があった。

翌5日。南相馬市の高校の体育館で、石田は姉(49)いっしょに、
二つの棺と向き合った。ベニヤ板のような薄い木の棺。
開けると、グレーの遺体収容袋があった。

 チャックを下ろした。黒く、やつれ、変わり果てた父の
姿があった。口元が乾いて、半開きで、水を飲みたそうだった。
目を見開いていた。苦しそうな表情。何かをつかもうとして
いたかのように、右手は少し浮いていた。

 父は2階の布団の中で死んでいたと聞かされた。
津波は2階まで上がっていなかった。

 検案書には「衰弱死」とあった。
死亡推定日は3月21日。10日間は生きていたということだ。

声が出なかった。姉は泣き崩れた。←



以上、本文のまま転載。




避難指示を出した行政。

事故を起こした東電。

災害をもたらした自然。

助けに行かなかった自分。



誰を恨めば、絶対に消し去る事の出来ない
後悔を和らげる事が出来るのか・・。

結局、自分を責めるしかないのでしょう。



想像を遥かに絶する悲劇が
起こっています。



福田 聡

退屈だったんだね

内装の補修の事で伺った
あるこどもクリニック・・。



CIMG6676.JPG

弱った子供たちが点滴を受ける部屋。


CIMG6677.JPG

壁は、空飛ぶ乗り物でいっぱいの
クロスが貼ってあり、
子供達はこの部屋が大好きだそうです。



CIMG6691.JPG

「んっ!?」

よく見ると、気球に顔が・・!?



CIMG6692.JPG

CIMG6693.JPG

CIMG6694.JPG

CIMG6695.JPG

CIMG6696.JPG

CIMG6697.JPG

笑っている顔、怒っている顔、
とぼけた顔・・


どうやら子供達は、
点滴の間じっとはしていないようです。



CIMG6673.JPG

そもそも「寝ている辺りのクロスを
剥いでしまったから貼り替えて欲しい」
という事で拝見したわけですが、
案内してくれた看護師さんは、この気球の顔は
あくまで絵柄だと思っていたようで、
指摘してビックリ。

でも、笑い転げているばかりで、
怒りなどカケラもなく、
このこどもクリニックが流行る理由が
何となく分かります。



補修は必要だけど、
これは残したいような・・


芸術は、退屈な時に
生まれるものなんだな~。



福田 聡

「大切なピアノ」修復編

ピアノの搬入が無事終わった後、
サッシの補修が始まりました。



CIMG6642.JPG

切り離した方立てを元通りに
繋がなければいけません。

当初の計画では、何らか芯材をかまして
それでも不安定だろうから、
外側を金属のプレートなどで
固定するつもりでした。


CIMG6610.JPG

CIMG6643.JPG

CIMG6644.JPG

ところが、中にはきっちりとアルミ製の
芯材がつまっていたので、
これを利用して切断した箇所を
上下通しの一本の芯材で繋ぐ事が出来ました。


ビスで表と裏を固定し、切り口をコーキングで
押えたら、すっかり綺麗に元通り・・
とまでは行かないにしても、
アストラガルが被る事で、補修箇所も
見えにくくなり、ほぼ分かりません。

芯材を通したお陰で強さもバッチリ。



CIMG6652.JPG

CIMG6653.JPG

まるで、何事もなかったかのように
普段通りの姿です。




ところで・・

CIMG6646.JPG

CIMG6648.JPG

これは、開閉側のサッシの
レールを転がるローラーです。

実は、最初の作業となるこの動く側のサッシを
取り外すのに今回最も苦労しました。


この錆び付きで、本来なら小口にある
ビスを回す事で引っ込むローラーが
全く引っ込まなかったのです。

外して手で動かそうとしても
動かないほど錆び付いています。


油を注して磨いて
何とか動くようになりました。


日頃のメンテンンス項目に
加えておく必要があるようです。





それにしても、今回はどうしてもの
ご要望に応えて、窓を切断するという
暴挙(?)に出ましたが、
無事に完了して何よりでした。



福田 聡
Calendar
<< November 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
search this site.
tags
archives
link

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276 | 277 | 278 | 279 | 280 | 281 | 282 | 283 | 284 | 285 | 286 | 287 | 288 | 289 | 290 | 291 | 292 | 293 | 294 | 295 | 296 | 297 | 298 | 299 | 300 | 301 | 302 | 303 | 304 | 305 | 306 | 307 | 308 | 309 | 310 | 311 | 312 | 313 | 314 | 315 | 316 | 317 | 318 | 319 | 320 | 321 | 322 | 323 | 324 | 325 | 326 | 327 | 328 | 329 | 330 | 331 | 332 | 333 | 334 | 335 | 336 | 337 | 338 | 339 | 340 | 341 | 342 | 343 | 344 | 345 | 346 | 347 | 348 | 349 | 350 | 351 | 352 | 353 | 354 | 355 | 356 | 357 | 358 | 359 | 360 | 361 | 362 | 363 | 364 | 365 | 366 | 367 | 368 | 369 | 370 | 371 | 372 | 373