窓からの雨漏れ

窓回りに見られる『雨漏れ』は、必ずしも窓回りに
原因があるとは限りません。

特に、窓上の枠と窓との間から水がしみ出て来る場合は、
窓本体に問題がない事が多く、その直上の壁、その上の
窓、またその上の壁、壁に屋根が寄り付いていて、その
屋根が雨漏れする窓方向に流れていれば、その屋根と
壁の取り合い部分・・。

問題の窓から、物理的に水の流れが届きそうな範囲を
多角的に疑う事が必要です。

“物理的に”と言っても、「さすがにここはないだろう」
と思う所から発生しているという事もままありがちで、
とことん疑う姿勢が大切です。


窓とFT取り合い.JPG
FT角.JPG
FTと壁取り合い.JPG
疑わしい箇所にコーキングを打っていきます。

ひび割れ.JPG
雨漏れする窓の、上側の外壁にひび割れがあります。
基本は、ひび割れをしても下地の防水紙が漏水を防いで
くれるはずなのですが、しみて来た水が窓上で溜まり、
オーバーフローした所の防水テープがよれていたりしたら
そこに『水浸入』のメカニズムが出来上がります。


水かけ確認.JPG
ひと通り疑わしい箇所に防水の処理を施した後、水を
かけて点検します。
処理の前に下から水を掛け上がって行って、漏水の箇所を
確定するケースも多いですが、今回は複雑な状態では
なかったので全体の防水を施し、後の確認を行いました。

オーナーさん曰く「強い風を伴う時に、微量が出ている」
という情報も、全体防水処理を先に行った理由です。

水をかけて確認した段階で、水漏れは確認出来ませんでしたが、
最終的には台風など、オーナーさんが仰る「風を伴う雨」が
来ないと結果は分かりません。

極端な自然現象に伴う雨漏れのメカニズムは、なかなか再現
できないもので、また起こった時に根気強くメカニズムを
解明するしかありません。



でも、とことん直します。


福田 聡

インターホンの移動

『インターホン』は便利な品物です。

大昔は声やノック、ひと昔はチャイム、ちょっと昔は声だけの
インターホン、ちょっと前からカメラ付きが当たり前。

今では子機が付いたり、画像が記憶されたり、声色を変えられたり・・。
その機能は留まる事を知らず、日に日に便利さを増しています。


『カメラ付きインターホン』のカメラが用を成さなくなってしまい、
門柱内での移動の依頼を頂きました。

移動後全体.JPG
これは移動後の写真ですが、移動前は右手の木の側に付いており、
来訪者が全くカメラの前に立てない状況でした。

外す前.JPG
[元の位置]

コードを通す穴①.JPG
コードを通す穴②.JPG
出来るだけコードを這わせたくないので、可能な限り
穴を貫通させて、そこを通すようにしました。

移動後.JPG
移動後の位置です。
器具の周囲と元の穴にコーキングを施し、完了です。


ところで・・

ここから先の話しは始めての経験ではなく、インターホンの異常・・
例えば音が出ない聞こえない、押さないのにピンポンが鳴るなど、
電気系の異常が疑われる時は、インターホンの子機(外の器具)
の内部に何らか異物が浸入している事がよくあります。
(子機には、中に水が溜まらないように下の方に隙間があります)

その異物、ハッキリ言って「虫」が弱電の媒体になり、ピンポンが
鳴ったりするのです。

外した中①.JPG
外した中②.JPG
CD管に蟻.JPG

今回も内部には、大量の蟻と何だか分からない系の卵やサナギ、
触りたくない幼虫などがヌクヌクと暮らしていました。

弱電でも通電しているので、多少は暖かいのでしょうか・・。
以前冬場に同じような事をやった時も、たくさんの方々が
片を寄せ合って暮らしていらっしゃいました。

フタを開けるのは、そう難しい事ではありませんので、
定期的に内部を掃除する事も必要です。


かなり時間が経っている場合は、投げ捨てる事が
ないよう、ご注意下さい。


福田 聡


少々グロなネタになりましたので、
爽やかな画像をひとつ。

蓮の花.JPG
向かいの池に咲いた蓮の花です。

輸入キャビネット

輸入住宅を建てる時の大きな魅力と楽しみに、
『輸入キャビネット』があります。

輸入キャビネットをベースに、キッチンやヴァニティーを
構成して行くわけですが、面材の樹種、その色、デザイン、
そして組み合わせを細かく決めていく作業は、国内メーカーの
システムキッチンと違って、まさにオーダー家具の領域です。

ハウステンボスキッチン.jpg

家具.JPG


反面、比較的メンテナンスが少なくて済むシステムキッチンと違って、
メンテナンスの手が必要な事も確かです。

無垢木材の面材は、ワックスを掛けた方が良いですし、ペイント仕上げの
面材は、水気や乾燥で塗膜にひび割れが入ったり、そのひび割れから
水が入って面材自体が膨張したり、お手入れが必要な事が起こります。

ヒンジ(昔).JPG
ちょっと前のキャビネットには、このヒンジが多く使われていました。
長年の開閉でバネが疲弊し、閉めても自動で開いてくるような事が
よく起こっています。
そういう状態になったら、交換の必要があります。


どうしても使用頻度の高い箇所の部品は、磨耗や疲労で修理や交換の
必要があるケースが多いですが、“お気に入りの家具”と考えたら、
気持ちを込めてメンテナンスをしてあげるのも、また楽しみだと思います。


全くの余談ですが、下の写真は輸入キャビネットではなく、家具屋さんの
仕事でもなく、大工さんの手作りです。

DSCN2643.JPG
[ユーティリティーキャビネット]

トイレ収納①.JPG
トイレ収納②.JPG
[トイレ収納]「閉めたら分かりません」※開閉はキャッチです。


考えて作った中でもお気に入りです。


福田 聡
Calendar
<< September 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
search this site.
tags
archives
link

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276 | 277 | 278 | 279 | 280 | 281 | 282 | 283 | 284 | 285 | 286 | 287 | 288 | 289 | 290 | 291 | 292 | 293 | 294 | 295 | 296 | 297 | 298 | 299 | 300 | 301 | 302 | 303 | 304 | 305 | 306 | 307 | 308 | 309 | 310 | 311 | 312 | 313 | 314 | 315 | 316 | 317 | 318 | 319 | 320 | 321 | 322 | 323 | 324 | 325 | 326 | 327 | 328 | 329 | 330 | 331 | 332 | 333 | 334 | 335 | 336 | 337 | 338 | 339 | 340 | 341 | 342 | 343 | 344 | 345 | 346 | 347 | 348 | 349 | 350 | 351 | 352 | 353 | 354 | 355 | 356 | 357 | 358 | 359 | 360 | 361 | 362 | 363 | 364 | 365 | 366 | 367 | 368 | 369 | 370 | 371 | 372 | 373