デザインかメンテナンス性か・・

時々選択を迫られるテーマです。



CIMG0026.JPG

うちの自慢の『ハッスルタワー(商品名)』を使って、
北側の外壁に着いた「青ゴケ」を洗いました。



CIMG0028.JPG

新築後3年程のこの建物・・。

妻壁がパラペットの状態で屋根より上がるデザイン。
軒が被るデザインに比べると、より「洋」の
要素が強い、伝統的な美しいデザインです。


美しいデザインの反面、
軒が無い分外壁が雨で濡れやすく、
濡れた外壁は、特に北側に近くなるにつれて
水気が乾きにくく、青ゴケが生え易くなります。

陽が当たる南側は、案外そうでもありません。

陽が当たりにくい側だけ・・。




CIMG0029.JPG

足場に上って、近くで見たパラペットの笠木。

この笠木の被りの「チリ」が大き過ぎると
確かにデザインが壊れて行くのですが、
この笠木の「垂れ」の部分は、
少し外壁に近過ぎです。

洗う前の青ゴケの生え具合を見ても、
最も雨水が流れる勾配の低い箇所から
下に向かって青ゴケが広がっており、
その関係性がよく分かります。




CIMG0027.JPG

一つの試みです。



CIMG0032.JPG

笠木の下に、外壁から少しでも雨垂れを離すための
「水切り」を装着してみました。


目立つ物にしたくないので、ほんの何センチかの
離れの違いです。

考え方は、少しでも濡れる頻度を低くする、
つまり、乾く時間を多くするという事。

青ゴケが水気の多い箇所に生えるものなら、
少しでも水気を排除するための物です。




CIMG0033.JPG

遠目では殆ど分かりません。

一応、目立たなくて青ゴケが一番多い
北西の角だけ装着してみました。


どの程度効果が出るのか、これから観察です。




輸入住宅を考える時、
デザイン性と機能性のギャップに悩む事が
よくあります。



こちらのお客様に

「福田さんならどちらを選ぶ」

と尋ねられました。



「デザインです」 ・・ 即答です。



もちろん「メンテナンス性です」という答えを
否むものでは全くありませんが、
家を建てる段階で「綺麗な家が欲しい」という
思いがあって、メンテナンス性との秤にかける
事があれば、私は「見て楽しむ」時間の方を
選ぶからです。

輸入住宅の営業をやっていた時に、いつもお客様に
語っていました。

「美しい家を建てましょう」

その思いは、やはり今でも変わりません。




あとのメンテナンスは
Dメンテにお任せ下さい(笑)。



福田 聡

3月11日


施設の改装工事をやっている最中、
午後4時頃、ラジオから不思議なコメントが
流れて来た。


「どうやら大きな地震が起こっているようです・・」


民放局の番組内でMCが告げる知らせは
この程度と言えばそうなのでしょうが、
帰社後、PCに映し出される生の映像を見た時は、
あまりの凄まじさに声を詰まらせたものでした。




あれから2年。

祈念の日が近づくにつれ、遅々として進まない復興に
疑問や懸念の声が高まって行きます。

忘れてはいけないと分かっていても、
直接の当事者ではないという事実が、
日々圧し掛かってくる現実の方を優先させてしまう・・。

それもまた責められない事実。





時間の経過とともに、
「被災者の人達は、同じ立ち位置の国民各人に
何かを求めているわけではないのだ」と思う事で、
何も出来ない自分を納得させて来たが、
つい先日目にしたNHKの番組の中に
そうではない事に気付かされる一こまがあった。



地震で孤立した集落に、遠い地の同じ漁師仲間が
物資を届け命を繋げたというドキュメンタリー。

物資を受けた世話役の初老男性が、
何度も繰り返し言っていた言葉・・。


「この恩は死ぬまで忘れねえ。」


こんなに重い『恩』という言葉を
今まで耳にした事がなかった。


書き物やドラマの中では度々耳にする言葉・・。

そんな陳腐なシチュエーションが
吹っ飛んでしまうほど、重い『恩』だった。



恐らく、行政が義務的に行う施しだったら、
感謝こそすれ「死ぬまで忘れない」と言わしめる
恩とまではなっていないはず。


同じ立ち位置の仲間が、
自らの損得を省みず起こした行動だからこそ
ごくごく自然に出た言霊なのだろう。



『恩』


今、「復興」という大きな事業の中で
抜け落ちている一番大切な事。


行政には、被災者の人達が
「この恩は死ぬまで忘れない」と言えるほどの
立ち位置と奉仕的精神が、今こそ必要ではないかと思う。





福田 聡

今回で2例目

1例目は一昨年の5月でした。



CIMG9954.JPG

日本製には無い美しさのキッチンフォーセット。

『KOHLER社』のFairfaxというシリーズです。


本来ならシンクとの取り合いから上の部分が
一定の角度で回転します。

1例目はそこが固まってしまい
全く動かなくなってしまいましたが、
今回も同じ現象。

徐々に固さが増して、ついには全く動かなく
なってしまいました。

おまけに水漏れもし出したので、
とうとう交換です。




CIMG9958.JPG

CIMG9959.JPG

外すのには、さして手間は掛かりません。



CIMG9960.JPG

取り替える器具はTOTO製。

今回取り替えるきっかけになった、
何点かの原因を考えると、止むを得ません。

それにしても、TOTO製のキッチン水栓・・
取り付けのシステムは実に良く考えられていて、
理屈さえ知っていれば、素人でも取り付けられそうな
親切構造です。




CIMG9965.JPG

無事に取り付きました。

TOTOの器具の中では、
十分にスタイリッシュなタイプです。

シンプルなデザインですが、様々な面で
使いやすいアイデアが盛り込んあります。



「もう大丈夫ですよね・・」


交換前の器具で
結構苦労されて来ているのを知っています。


「機能面では、心配ないですよ」


どうしてもデザイン性を捨てきれないので、
こういう答え方になってしまいますが、
機能性やメンテナンス性が高いのは
やはり日本製・・

そこは否めません。



福田 聡
Calendar
<< October 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
search this site.
tags
archives
link

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276 | 277 | 278 | 279 | 280 | 281 | 282 | 283 | 284 | 285 | 286 | 287 | 288 | 289 | 290 | 291 | 292 | 293 | 294 | 295 | 296 | 297 | 298 | 299 | 300 | 301 | 302 | 303 | 304 | 305 | 306 | 307 | 308 | 309 | 310 | 311 | 312 | 313 | 314 | 315 | 316 | 317 | 318 | 319 | 320 | 321 | 322 | 323 | 324 | 325 | 326 | 327 | 328 | 329 | 330 | 331 | 332 | 333 | 334 | 335 | 336 | 337 | 338 | 339 | 340 | 341 | 342 | 343 | 344 | 345 | 346 | 347 | 348 | 349 | 350 | 351 | 352 | 353 | 354 | 355 | 356 | 357 | 358 | 359 | 360 | 361 | 362 | 363 | 364 | 365 | 366 | 367 | 368 | 369 | 370 | 371 | 372 | 373 | 374