耐水合板

床下に防湿処理がされていない・・
昔の在来工法の家などは、殆んどがそうだと思います。


DSCN9321.JPG

従来の日本家屋は、束立てで床下を高くする事で
風通しを良くし、建物の外周より建物下の土を
盛り上げる事で湿気を溜めない・・などの工夫を
して来ました。

ひと頃から、建物の外周に基礎を廻す『布基礎』工法が
主流になり、家の床下は風が通りにくくなり
やもすると空気が澱みがちな空間になってしまい
それは、無垢の木材には大きな影響は与えませんが
新建材の合板には、てき面影響を与えます。



DSC00285.JPG

貼り替えの合板には『耐水合板』を使いました。

合板は、いくつかの木材の層を接着剤とプレスで
固めているため、水、湿気には非常に弱く
水気が想定される箇所には、耐水性を高めた
『耐水合板』を使った方が良いでしょう。



DSC00287.JPG

DSC00288.JPG

455mm間隔で入った大きな根太の上に貼った
耐水合板を下地に、12mm厚のフローリング材を
貼っていきます。



施工前の踏み心地とは
雲泥の差になるはずです。


福田 聡

持ち上げ

床を貼り替える工事と合わせてやりました。


DSCN9312.JPG

分かりにくいかも知れませんが、窓の際辺りから
左に向かって床がわずかに傾いています。



DSCN9320.JPG

DSCN9321.JPG

硬めのシートが貼ってある下地の合板も
経年の劣化か、長年床下の湿気を受けて来た
影響か、合板の層が剥離していました。

この事による床のブワツキが、貼り替えにいたる
きっかけです。


DSCN9324.JPG

根太も比較的大きな材料で、一尺五寸の間で
きっちり入っています。




DSCN9326.JPG

DSCN9325.JPG

DSCN9329.JPG

レベルをあたったところ、平らな所から比べて
6㎜下がっているようです。
約90㎝の間での6㎜下がりですから、結構下がって
いるように感じるはずです。

一部基礎をはつって油圧ジャッキを装着しました。




DSCN9331.JPG

3台のジャッキを使って持ち上げたところに6㎜厚の
鉄板を約30㎝おきに差し込みました。


施工後レベルをあたってみると、見事に水平が
出ており、持ち上げ成功。

あとは、6㎜持ち上がった事で出ている色々な影響を
補修して全て完了です。



理屈を理解し進めていくと、
意外と事はスムーズに進むものですね。


福田 聡

海の日

海の日には特別な思い入れがあります。


7月20日

以前は、海の日はこの日と決められていました。


息子が12年前の7月20日に誕生した時は

「やった、海の日生まれだ!」

と、大喜びしたものです。


残念ながら“ハッピーマンデー”の制度を受け
息子の誕生日は必ずしも『海の日』ではなくなって
しまいました。



12年前のその日
出産のために妻が帰っている佐世保の実家から
連絡があったのは朝の事でした。

「生まれるのは、お昼頃になりそう・・」

福岡の前原でフレーミングの真っ最中だったため
はなから帰らないつもりでいた私は、それでも
気にはなりつつ時が過ぎていました。


「生まれた!」

なぜだかそう感じて時計を見たのが『13:32』。
トラックを運転中に何かが頭の中に閃いたのです。



仕事が終わり、病院に辿り着けたのは
もう夜の10時をまわっていました。

猿のような赤ん坊がピコピコ動いているベッドの
頭のところに貼ってある札を見ると、


『誕生時刻:13時32分』


びっくりを通り越してゾッとしました。



そんな事があり誕生した、ひと際思い入れのある
息子から、先日、片時も放さない“PSP”を取り上げて
泣かしてやりました。


DSCN9308.JPG
『海の日』の近所の海の夕暮れ。



福田 聡
Calendar
<< September 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
search this site.
tags
archives
link

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276 | 277 | 278 | 279 | 280 | 281 | 282 | 283 | 284 | 285 | 286 | 287 | 288 | 289 | 290 | 291 | 292 | 293 | 294 | 295 | 296 | 297 | 298 | 299 | 300 | 301 | 302 | 303 | 304 | 305 | 306 | 307 | 308 | 309 | 310 | 311 | 312 | 313 | 314 | 315 | 316 | 317 | 318 | 319 | 320 | 321 | 322 | 323 | 324 | 325 | 326 | 327 | 328 | 329 | 330 | 331 | 332 | 333 | 334 | 335 | 336 | 337 | 338 | 339 | 340 | 341 | 342 | 343 | 344 | 345 | 346 | 347 | 348 | 349 | 350 | 351 | 352 | 353 | 354 | 355 | 356 | 357 | 358 | 359 | 360 | 361 | 362 | 363 | 364 | 365 | 366 | 367 | 368 | 369 | 370 | 371 | 372 | 373