タイル目地

先週完了したキッチンのリフォーム工事で
ひとつご紹介していなかった事・・



R0016271.JPG

今回、囲うように配置したキャビネットの
内部は元々のテラコッタから
タイルに変えました。


R0016272.JPG

素材的には両方共ハードなのですが、
素焼きのテラコッタ独特の
「端の反り」は感じられなくなりました。

頻繁に歩き回るスペースに
テラコッタの不陸は、
時に煩わしく感じたりします。



R0016279.JPG

R0016282.JPG

R0016300.JPG

目地を入れて拭き上げたら完了です。



時折、タイル目地がポロポロ外れるという
現象が起きています。

大きな原因はひとつ・・
下地のたわみです。


強いツーバイフォー工法の家とは言え、
材料は木なので、感じない位でも
歩くたびに床はたわんでいます。

タイル目地には弾力性は全くないので
そこにストレスが掛かり、割れていくわけです。


根本的に解決しようとしたら、
下地の床がたわまないように
補強を入れる事が必要です。



ストレスが掛かる箇所は
ある程度絞られるので、
そこだけ弾性のある素材で
目地埋めするという手もあります。



床素材も百花繚乱なので、
それに見合った下地が必要でしょう。



福田 聡
Calendar
<< August 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
search this site.
tags
archives
link