メカニズム

色んな「瑕疵」が重なるところに
負の現象は発生します。


例えば・・

「何らかの原因で、外気が構造内に入って来る。」

 ↓

「入って来た箇所が接する部屋は、必要上かなり
温度を下げていなければならない。」

 ↓

「断熱材は施されているものの、その部屋を断熱
する目的としての正しい施され方がされていない。」

 ↓

「そこに来て、この猛暑と湿度・・」



DSCN9655.JPG

ごく当たり前のように
『結露』が発生してしまいました。

天井下地の石膏ボードは、湿り気のため
上手に外す事が出来ず、バラバラで外すしか
ありません。



DSCN9653.JPG

もちろん、外気が流入するという絶対的な
要因があるとしても
断熱材が、空間を遮る石膏ボードから離れて
隙間が開いていては、断熱材の役割をなしません。



上にあげた要因の中で、どれかひとつでも
良い状況があったなら
結露は発生していなかったかも知れません。


逆に言うと、これらの条件が揃った時の
負の現象の恐ろしさ・・



見えないところで始まるだけに
こまめに日頃の点検を行い
早期改善を図る事が
唯一の防止策と言えるでしょう。

(施工の良し悪しは論外として・・)



福田 聡
Calendar
<< November 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
search this site.
tags
archives
link