鏝(こて)で塗る仕上げ

剥がしたのは“漆喰”でした。


DSCN5509.JPG

『柱』の存在は、単調な見栄えを、見切りのついた整然とした物に
感じさせてくれますし、豪華さを演出してくれます。

外構フェンスのポイントに柱を立てると、フェンスの
質感さえも上がったように感じるものです。



IMG_4732.JPG

当初は綺麗な漆喰塗りでしたが、残念ながら下地に水が浸入した
事で剥離と変色が激しく、まずはハツリの作業が必要です。

IMG_4720.JPG

IMG_4734.JPG

ハツリ終わったら、新たな鏝塗り前のシーラー掛けです。

IMG_4735.JPG

漆喰で塗り仕上げられたその『柱』は、やっぱり鏝で塗る
仕上げが似合うようで、今回は「漆喰」ではなく、
防カビ性、防藻性に優れた、アクリルシリコン樹脂が主成分の
『ジュラクペンアート(フジワラ化学)』を塗る事にしました。


直接頭から雨をかぶる事になりますので、
下地に水が入り込まないような施しが大切になって来ます。


仕上がりは、また後日・・。


福田 聡
Calendar
<< September 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930
search this site.
tags
archives
link