『DELTA社』 のキッチンフォーセット

消耗品と考えるべきでしょう。


幾度となく、輸入水栓の修理を手掛けて来ましたが
殆どが「バルブ」の交換で直っています。


CIMG3076.JPG

米国DELTA社製の“キッチンフォーセット”です。
新築時の取り付け後約8年使用していますが、
シングルレバー操作で水を止めても完全に止まらず
滴り落ちるようになりました。

CIMG3064.JPG

この現象は、明らかに内蔵の「バルブ」の不具合から来るもので
それは「弁」の役割りをなす部分にゴミが噛んでいるか、
その弁の磨耗による事が原因の殆どです。

取り付け後8年経過後のこの現象は、まさに磨耗によるものと
見て間違いないでしょう。



まずは国内でパーツを扱っているところを探してみました。
もし無ければ、アメリカに直接調達しなければなりません。

CIMG3071.JPG

幸い、東京に代理店として扱っている会社がありましたので
事情を説明し依頼を掛けたら、取り替えのマニュアルを添えて
必要なパーツを送ってくれました。



CIMG3067.JPG

CIMG3068.JPG

CIMG3069.JPG

一緒に入っていた専用の道具を使えば、道具の選択を考える
必要なく、素早く作業が進みます。



CIMG3070.JPG

CIMG3074.JPG

CIMG3072.JPG

マニュアルに従い分解して行き、交換するバルブを外しました。


CIMG3073.JPG

新品のバルブを取り付け、組み立てて完成です。


輸入の水栓金具は、日本製の物と比べてバルブの不具合による
止水不良が起こりがちです。

色々な観点で一長一短あるので、一概に悪い事とは言えない
ですが、5~8年(使用頻度にもよる)で消耗品のバルブを
交換する事は必要な事、という認識は持っておくべきです。




CIMG3059.JPG

CIMG3060.JPG

同じお宅の別件・・。

照明器具の割れたシェードを取り替えました。



モデルチェンジが多い照明器具の中でも
現行品だったので良かったです。


福田 聡
Calendar
<< November 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
search this site.
tags
archives
link