壁に穴

開けるつもりでやっても、案外開かないものです。


たまたま立て続けに2件、壁に開いた穴の補修依頼がありました。

CIMG2992.JPG

CIMG2991.JPG

地下室に降りていく階段の正面に開いた穴。
お子さんが降りて行く時に、勢いで膝が当たり開いてしまったようです。
まさに丁度膝の位置です。


CIMG3016.JPG

CIMG3017.JPG

穴の周りを綺麗な形でカットして、土台になる下地を作り
小さな面積なので、入れたパテをドライヤーで乾かします。


CIMG3015.JPG

新築の時に取り置いてあった、余ったクロスを使います。
まだそう時間が経っていないのと、日光があたるような
場所でもなかったため、目立つような違いはありません。


CIMG3021.JPG

CIMG3023.JPG

CIMG3024.JPG

穴あき箇所を含むひと流れを貼り替えて完了です。



IMG_5331.JPG

IMG_5330.JPG

IMG_5332.JPG

先程のケースと同じような穴の開き方です。
こちらの位置も、ちょうど膝のあたり。

ただ、どうやら事故ではなかったようなお話しです。

何があったかは・・


子供は元気が一番です。



IMG_5333.JPG

新築時の余りのクロスが少なかったため、穴の開いた箇所の周りを
部分補修しました。

プライベートスペースだったので、問題無いと思います。



下地の石膏ボードは意外と硬くて強く、意識してほがそうと
しても簡単に開く物ではありません。


無意識に突進するか、はたまた怒りと共にバコンと・・



お家は大事にしましょうね。


福田 聡
Calendar
<< November 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
search this site.
tags
archives
link